若い子好きだったけど熟女に浮気しそう

俺は栗山○秋や新垣○衣といった清楚系の女子が大好き「だった」。何故過去形なのかというととあるジャンルにハマりつつあるからだ。そのジャンルとは何を隠そう「熟女」である。ぶっちゃけ熟女というジャンルに関して食わず嫌いなところはあり「垂れた乳や尻の何処がいいんだ?」とか「マグロそう」とか、世の熟女が聞いたらシバき散らされそうな思いを抱いていた。そんな凝り固まった固定観念を溶かしてくれたのが熟女専門の優良動画サイトだった。まずこのサイト、動画が全て山場だったり主要部分だったりをサムネイルとして使っていてくれてるので見た目から入る自分にとってうってつけのサイトだった。その中で顔もスタイルもよさそうなとある動画を見て雷が落ちたような衝撃を受けたのを今でも覚えている。その時の衝撃を一言で表すなら「エロい!」だった。

なんてありきたりな言葉なのだろうと思うかもしれないが、正直いってこれ以外の言葉が見つからなかったのである。何処に惹かれたのかといえばいくつかあるのだが、まず一つ目はセリフのトーンや言い回しである。艶めかしい耳元に残るような色っぽい淫語で「あなたのおちんぽ、こんなに固くなって…先端からエッチなお汁が滴ってる♡」みたいなドスケベでも言わなさそうな超絶インパクトがある言葉責めが堪らない。その次に適度にハリを失ったさわり心地の良さそうな尻と胸である。これは若い女性には醸し出せない熟女独特のものだと思う。バックのシーンなんかでは肉棒をズンズンと奥へ貫く度に程よい弾力のデカ尻がプルンプルンと波打ち、適度に垂れた乳を縦横無尽に振り乱す様は熟女というエロスを極限まで高めている。清楚系の女子の良い所は落ち着きがあって大人っぽいという部分だったが、エロリズムに関して言うならば大人っぽさは断然熟女に軍配があがるだろう。今や俺のオナニーライフは激変しすっかり熟女動画へ執心してしまっている。