援助交際で稼げるおすすめの出会い系サイト・マッチングアプリを紹介【大人の女性向け】

この記事では、18歳以上の女性におすすめの援助交際で稼げる出会い系・アプリについて説明します。
※このサイトでは、援助交際とは18歳以上(高校生除く)が行うものとして解説しています。
18歳未満が援助交際するのは法律で禁止されています。

 

援助交際はほとんどのサイトで禁止

 

最初に結論から言うと、援助交際はほとんどのサイトで禁止されています。
特にSNSなどで援助交際をほのめかすような文言を書くとすぐにアカウント削除などの厳しい処分が下されます。

 

このため、出会い系やアプリであっても掲示板やプロフィールなどに援交をほのめかすようなキーワードを書いてはいけません。
最近では「割り切り」などの文言も取り締まられるサイトもあるので注意しましょう。

 

また、援助交際だけでなくパパ活もアウトのサイトが増えています。このため、援助交際をパパ活と言い換えている人もアカウン削除されるため要注意です。

 

一方、ワクワクメールではパパ活OKなのでデート代を要求したりすること自体はOKなので非常に便利です。

 

とはいえ出会い系は援助交際の温床となっているものが多い

 

とはいえ、現在ほとんどの出会い系サイトは援助交際の温床となっています。
恋人やセフレを探している素人の女性は、実は出会い系サイトにはほとんどいません。

 

99%の女性が援助交際目的です。私は男性向けの出会い系の比較サイトを運営しており、実際にいくつもの出会い系に登録していますが、
逆に素人の女性と出会う方が珍しいという印象です。

 

また、出会い系サイトは登録している男性側もほとんどが中高年男性で、援助交際目的の人が多いです。
ピタリと需要と供給が一致するので、くれぐれも規約に抵触しないように工夫して登録してみてください。

 

ワクワクメール

 

ワクワクメールは出会い系サイトの中で唯一パパ活OKです。ただ、援助交際はNGなので注意が必要です。
とはいえ、パパ活はOKなのでデート代と言い換えるようにしましょう。

 

援助交際することはできませんが、セフレを募集したりパパを募集するのはOKなので、パパ活料金ということでデート代を要求すればOKです。
あわよくば食事のみでお金がもらえる健全なパパ活もできる可能性があるためとてもおすすめの出会い系サイトです。
https://550909.com/

ハッピーメール

ハッピーメールは男性会員が非常に多い出会い系です。また、お金を払ってでもセックスしたいと考えている中高年男性が非常に多いです。
数年前、新潟県知事がハッピーメールで知り合った女子大生と援助交際していたことが問題になりましたが、リッチな中高年男性も使っているため、
こういったお金持ちの男性と出会いたい方にもおすすめ。

 

https://www.j-cast.com/2018/04/19326621.html?p=all

 

ただ、援助交際は規約で禁止されているため掲示板やプロフィールで援交をほのめかすことはできません。
注意しましょう。

 

PCMAX

 

PCMAXも有名な出会い系サイトです。
漫画喫茶やネットカフェにPCMAXのプリペイドカードが置いてあるため、ネカフェをよく利用する中高年男性から人気です。
もちろん性欲とお金を持て余している男性が非常に多いのも特徴。掲示板は非常ににぎわっています。

 

ただし、PCMAXでは援助交際は禁止されているためプロフィールなどに援助交際を連想させることを書くことはルール違反となります。
工夫することをおすすめします。

 

Jメール

Jメールも数百万人の会員がいる出会い系サイトです。PCMAXやハッピーメールに次ぐ規模を誇っており、援助交際したいと考えている中高年男性が非常に多いです。
このため、Jメールに登録するとお金を払ってでも女性と出会いたいと考えている男性をすぐに見つけることができるでしょう。
ただし、Jメールでは援助交際は禁止されているため表立って援交目的であると知られないようにしましょう。

 

 

援助交際におすすめできないマッチングアプリ・出会い系

 

次に援助交際におすすめできないマッチングアプリや出会い系について説明します

 

Twitter

Twitterは援助交際の温床となっており、検索すると大量に援交アカウントがヒットします。
ですが、Twitterは出会い系と違って誰でも登録できるため、盗撮や金銭を脅し取られるなどの被害に遭うことが多いです。
個人情報などもダダ漏れになってしまうため、援助交際するなら身分証がないと登録することができない出会い系サイトを使った方がはるかに安全です。

 

Tinder

Tinderにも援助交際をしようとしている人をたまに見かけます。Twitterに誘導したり、直接援交を持ち掛けたり手口は様々です。
ティンダーは若い男性が多く、お金がない人が多いため援助交際を持ち掛けると露骨に嫌な顔をされます。
タダで女とセックスしたいと考えている男性がほとんどなので効率が悪いためあまりお勧めしません。

 

パパ活アプリ

 

ペイターズやシュガーダディなどのパパ活アプリもあまり援助交際には向きません。これらのアプリに登録しているのは20代前半で若くてかわいい子がほとんどです。
パパ活で成功できるのはモデルやアイドル並みに可愛かったり、コミュニケーション力が高いなどの能力がある22歳ぐらいまでの若い女の子だけです。
それ以外はパパ活アプリではなく普通の出会い系アプリを使った方がいいでしょう。

 

まとめ

 

援助交際では出会い系を使うのが便利で安全です。ですが、表向きはほとんどの出会い系で援助交際は規約違反なので堂々とプロフィールなどに「割り切り」などと書かないようにしましょう。パパ活などとうまく言い換えるのがコツです。

 

ワクワクメールはパパ活OKなので非常に便利でおすすめです。

 

 

 

このページの先頭へ戻る